ペットを見送る|健康管理が楽になる手作りご飯|犬に必要な栄養を与えやすくなる
ドッグ

ペットを見送る

御骨

様々なサービスがある

家族同様大切なペットが死んでしまったら、人間と同じようにお葬式をしてあげたいと願う飼い主が増えています。近年はペット葬儀という形でペットの死を悼み見送ることは珍しいことではなくなりました。ペットの葬儀を行う場合、自宅で見送る、ペット葬儀社に依頼する、自治体に依頼するといった3つの方法がありますが、ペット葬儀社へ依頼するケースが最も多いようです。この場合は、葬儀社に連絡して契約を結んだ後、ペットの遺体を施設に持ち込むか引き取りに来てもらい、火葬後に納骨または埋葬という手順が一般的です。火葬には単独火葬や合同火葬があり、納骨、埋葬の前に祭壇でお通夜や葬儀を行うなど、ペット葬儀社によって様々なサービスが用意されています。

信頼できる業者を探す

ペットが亡くなった直後、飼い主は深い悲しみにくれています。ペットロス症候群に陥ってしまう人も少なくありません。そんな悲しみの中であわててペット葬儀社を選んで納得のいく見送りができず、後で後悔するケースもあります。いざという時のため、ペットがある程度の年齢を迎えた頃から、近い将来お別れの時がくるのだと認識した上で、少しずつ準備を進めておくとよいでしょう。事前に信頼できる評判のよいペット葬儀社を見つけておくことも大事です。葬儀社を探す方法は、かかりつけの動物病院に紹介してもらったり、インターネットの口コミやタウンページで見つけるとよいでしょう。複数の葬儀社に当たり、その中で最も良いと感じたところに決めることをおすすめします。