ウーマンとペット

アレルギー対策として

ペットフード

何がよくて何がダメか

一般的に犬のご飯に最適と考えられているのは、総合栄養食として作られているドッグフードです。その名の通り、犬にとって必要なすべての栄養が含まれていますので、基本的にこれだけを与えていればよく、できれば他の嗜好性の強いおやつなどは与えないのがいいとされています。ただ、総合栄養食とはいうものの、中には含まれている成分にアレルギーを起こす子もいますので、そんな時は手作りご飯の方が愛犬の体にとって優しいものになります。手作りご飯にする際に気を付けることは、どんな作物にアレルギーを起こすのかをしっかりと知っておくことです。獣医師の先生に聞けば、穀物なのか、鶏肉なのか、あるいはその他の何かなのか、調べてくれます。

安心なのが人気の理由

毎日愛犬のご飯を手作りするのは、これまでドライフードを食べさせてきた飼い主さんなら面倒だと思うかもしれません。けれど、手作りご飯にするに至るまでに、愛犬がフードによってアレルギーや病気を起こし、苦しむ姿を見てきたでしょうから、むしろ安心して与えられるアレルギー源なしのご飯を作ってやることは、飼い主にとって新たな喜びとなる可能性もあります。愛犬は飼い主さんが自分のご飯を作ってくれていることをしっかり理解していますので、毎日足元で嬉しそうに心待ちにすることでしょう。そんな姿を見るのは、飼い主冥利に尽きます。自分の手作りご飯でどんどん体の調子がよくなっていくのを目の当たりにしたら、作り甲斐もあります。手作りご飯が人気なのは、安心して与えられ、喜んでくれるというのが一番の理由でしょう。

後ろ足が動かないなら

獣医

犬の後ろ足が動かなくなってしまい、散歩にも行けない状況なら、犬用車椅子という補助具を装着してあげましょう。車輪が後ろ足のかわりをしてくれるため、散歩のときに飼い犬の動きをしっかりとサポートしてくれます。

良い仔犬に出会うために

ドッグ

子犬販売で子犬を購入したい場合には、良いペットショップかどうかというのをちゃんと見極める必要があります。ブリーダーにしても何にしても、大切な家族を迎えるのですから、衝動的に購入をするというのだけは絶対に避けましょう。

ペットを見送る

御骨

最近はペット愛好家も多く、ペットが亡くなると人間同様に葬儀社へ行き火葬するのが一般的となってきました。ペット葬儀社もサービス内容が違うので、確認してから依頼するようにしましょう。また、動物病院から紹介がもらえることもあります。